KIWI LIFE of MOANA

オーストラリアのギリホリからぎっりぎりのニュージーワーホリを経て今もニュージーにいる私のKIWI LIFEをお届けするLIFE Blog☆

《生活情報-お金編》キャッシュレスの進むNZの気になる物価やお給料

Kia Ora!

人生すべて縁とタイミング KIWI LIFE of MOANA の MAYUMI です。

 

f:id:moanakiwilife:20190805093502j:image

 

≪オークランド生活情報Vol.2≫はニュージーランドのお金事情について!

 

 

みなさんがNZに来る目的は様々だと思います。

 

旅行でNZに訪れる人、留学などで学業がメインの人、ワーホリで働く人や旅をする人、仕事をする人、家族や友達に会うために来る人などなど。理由はなんであれ、滞在するにはお金がかかりますよね!国が変われば、通貨も違えば物価も違う。今日はNZの色々なお金の事書いてみます。(2019.1現在)

 

 

 

 

通貨

NZの通貨はNZD(ニュージーランドドル)です。現在1NZD=74円

 

f:id:moanakiwilife:20190121112034j:image

 

ここ3年でみると72円~84円で推移しています。これブログを書くために調べたんですが、私が初めてNZに来た2017.1月はこの3年で1番の円安のタイミング…換金した時には87円くらいでした(;´・ω・)←安いのは知ってたけど、10円以上の違いは結構痛いですよね。$100換えたら¥1000、$1000換えたら¥10000の違い…今冷静にショックを受けながら書いています。

 

 

現金を持たない生活ができるニュージーランド

基礎情報のところでもちょこっと書いたんですが、NZは日本に比べるととってもカード化が進んでいます。人口密度が低く、現金を引き出したり入れたりするために、色々な所にATMや銀行を作ると採算が合わないから?なんてことを聞いたことがありますが、このカード生活、とっても楽チンです!

 

カードって?

ここで言うカードとは、クレジットカードはもちろん、デビットカードや旅人の味方、キャッシュパスポートもOK

おそらくクレジットカードは多くの方が持っていかれると思うので、使うと便利です。

 

NZに一定期間の滞在を予定してて、銀行口座を開設する予定の方は早めに作ってしまいましょう!持って行っているお金をそこに入れてしまうともうNZの生活に順応できます。なぜなら銀行のキャッシュカードにEFTPOSという機能がついていて、このEFTPOSがNZで生活するには便利すぎるから!

 

 

EFTPOSとは

EFTPOSとは、

Electronic Funds Transfer at Point of Sale の略。

 

正式名称も意味も問われることなんてないので覚えなくていいです!要は「お金を使った時に自動的に引き落としまーす」ってこと。つまり、デビットカードです。それが銀行の口座と繋がっているのでわざわざカードに入金しておかなくても残金があれば使えるので、お給料を一切触らずに使えます。もちろん残金がなければ使えません。が、この銀行のキャッシュカード、クレジット機能もついてる万能君です。

 

 

 どれくらいのお店でカードが使えるのか

実際、どれくらいカードを使うのか。

 

日本だと割と大きい買い物をする時にクレジットカードを使いませんか?コンビニで100円コーヒーを買うのにカードを切る人はどれくらいいるでしょう?

それはなんだか気がひける、という人多くないですか?NZの生活が慣れてカードを使うことに慣れた私ですが、日本ではあまりカードを使いません。(性格的に後払いのクレジットカードがあまり好きではないというのが大きいと思いますが。)

 

ここNZではどこでもカードです。

スーパーでお菓子1個買うのも問題なし!

電車やバスのカード(AT HOPカード)のTOP UPもOK

レストランやカフェももちろん〇

 

し・か・も!

レストランに友達と行って、割り勘したいときありますよね?それもOK! いちいちカードで支払ってくれた子に細かいお金を払う必要ありません。これ、便利です。

 

1¢単位まできっちり払えるので、$4.99の商品には$4.99。現金のように現金で$5払っておつりなしとは訳が違ってくるんです!

 

 

しかし、場所によっては現金のみのところもあります。

代表的な所で言うと、マーケット系。そういうお店では大抵わかりやすく「CASH ONLY」と書いてくれています。それとバスに現金で乗る時。

 

 バスや電車の乗り方についてはこちら↓

moananokiwilife.hatenablog.com

 

お店によってはEFTPOSはOKだけど、クレジットカードは対応していないところもあります。クレジットカードのみを持っている方は事前に聞くとレジでもたつくことはないと思います。

 

 

 

物価

よく「NZって物価はどうなの?」って聞かれることが多いんですが、

みなさんも気になるところじゃないでしょうか?

 

私が、日本・オーストラリア・ニュージーランドと住んでみて感じるのは、、、全般的にNZ高いかなーです。

 

あまりお金を細かいところまで比較するのは得意ではないので、私の肌感覚ですが。

細かく考えたことがないので、実はそれ程高くないかも。。。

 

 

では、行ってみよー!

 

 

スーパーでの買い物

私のお気に入りスーパーはCOUNT DOWN(カウントダウン)。大手のスーパーなのでオークランドでは至る所にあります。他にも広く展開するスーパーはいくつかありますが、カウントダウンは高級すぎず、安すぎないという感じです。カウントダウンブランドもあって、他の商品より安めに購入ができます。

 

もちろん商品はたくさんあって、ピンキリなので、いくつかご紹介します。

 

水:1.5リットル=89¢(約66円)

 

コーラ:2.25リットル=$3(約220円)

コーラやL&Pなどのソフトドリンクは特売になることが多い!カウントダウンブランドに至っては毎日1.5リットル$1.30(約96円)で買えちゃいます!

 

食パン:薄切り1斤=$1(約75円)

私はいつも$3くらいのかぼちゃの種とかいろいろ入ったの買います。美味しい!

 

フライドポテト:1キロ=$2.5(約190円)

これ安くないですか?そしてフライドポテトの種類ハンパないです!危険ですが、幸せです(笑)

 

野菜:ものによりますが、キャベツ・レタスなどの葉物野菜は1個いくらという売り方が多く、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、マッシュルーム、トマトは量り売りのことが多い。季節での変動がかなり大きいので、時期じゃない時は買わないことが多いです。

今の時期はとうもろこしが安くなってきて5本$4(約300円)で買えました。しかもめっちゃおいしい!

 

うどん:一玉=90¢(約67円)

 

 

日本の物:日本のブランドのものはカウントダウンではあまり買えませんし、あっても高いですが、アジアンマーケットや、ジャパンマートなど日本の物を多く扱っているお店もあるので、そちらの方が比較的安く手に入ります!それでも日本の1.5倍~くらいの値段はするかな。うちはマヨネーズは絶対に日本のマヨが外せないんですが、500g$6.5(約480円)が安い方。日本だと298円とか?ですよね?

 

 

NZで節約生活をしたいなら断然自炊かなと思います。

 

もし、他にもっとこれが知りたいというのがあればコメントいただければ追記します。

 

 

外食

外食もピンキリですが、高い方を見るときりがないので、庶民感覚で。

 

パイ1個=$4~4.5(約330円

※KIWIのソウルフード。ランチのメインにも間食にも。パイ1個で結構お腹いっぱいになります。大抵テイクアウェイ

 

コーヒー1杯=$3.5~5(約260~370円)

 

ランチ $10~15(1000円前後) 

レストランやカフェで$10はあまり多くはありませんが、探せばあります。日本のようにドリンクもミニデザートもついて1200円とかは見たことがありません。

ちなみにマクドでビッグマックのポテトとドリンクのセットが$10です。

 

ディナー $30(2200円)~

メインだけ頼むんだったらランチとそれほど変わらず頼めますが、ディナーに行くときは割と前菜なんかも頼んだりすると思うので高くなります。曜日によって安いメニューがあったりするので、気になるレストランがそういうサービスがあるのかチェックするのもいいと思います!

私は最近近くのレストランバーのステーキナイトにはまって、$20で豪華なステーキを堪能しています♡

 

お酒 レストランやバーでのビールは$8(約600円)以上が普通。

ハッピーアワーをしているお店が多いので、早い時間は$4~5と安く飲めます。スチューデント限定で割引のあるバーもあるので学生の人はチェックです!

 

 

 

家賃

オークランドは週払いで借りることがほとんど。シェアハウスのオーナーから借りることが多いかなと思います。

オークランドCBDに住もうと思うと、シェアハウスのシェアルームで週$180(約13000円)~ オウンルームで週$220(約16000円)~、CBDの外だと少し下がるところもありますが、シティに遠くなれば遠くなるほど安くなるかといえばそうでもないです。

 

私は以前にオーナーカップルが1階に住んでいて、上の階がフラットメイト用の部屋3室とキッチン・バスルーム・トイレのあるシェアハウスに入っていました。個室で、バスルーム・トイレ・キッチンは共有。それで週$170で、光熱費+Wifiは毎月の請求後、人数で頭割りだったので、週に直すと大体$180くらいでした。月に換算すると、4週間で$720=約53000円です。

 

シェアハウスでこの値段です! 

 

 

お給料

 最低賃金はいくら?

 

外食や、家賃が高いと言ってきたんですが、じゃぁ、どの位の収入が得れるのかが問題ですよね?ワーホリや学生で来てバイトをする方の多くは最低賃金からの開始がほどんどじゃないかなと思います。

 

現在のNZの最低賃金は時給$16.50(約1220円)です。

(現時点で、2019年4月から$17.70に上がることが決まっています!)

 

 

日本よりめっちゃ高い!!って思いませんかー? 

 

 

もし、NZで運よく8時間働ける仕事が見つかったとして、週40時間働けると、

40時間×$16.50=$660です。

 

この$660全てもらえるかというと、所得税があるので全額はもらえません!

 

 

 税金

NZは日本に比べると税金の種類が少ないんですが、短期滞在者に関係してくるのが、そのうちの所得税消費税です。

 

所得税

 

NZでは会社が所得税を納めてくれるのですが、所得税については書くと長くなるのでここでは割愛しますが、収入に応じて納めるパーセンテージが変わったり、メインの仕事かサブの仕事かどうかでも変わってきますが、一番低い所得のランクにかかるのが10.5%

 

つまり、上記の$660が所得だと所得税は$69.30 手取りは$590.70(約43600円)です。

ひと月に20日働いて手取りがだいたい175000円になります。

これが多いか少ないか、みなさんどう感じますか?

 

 

消費税

消費税はGSTと呼ばれ、NZではGST込の価格が店頭には並んでいます。

 

日本では消費税が10%に上げると決まってから、かなり長い時間時間が経っていますが、まだ8%ですよね。それでも上がった時は高いと思っていましたが。

 

 

なんとニュージーランド、

 

 

 

消費税15%!!Σ(゚д゚lll)

 

 

 

 

 

まとめ

 そりゃ物価高くなるよ。というか消費税が高いよ!

つまり、結局のところ、そもそもの物の値段はそれほど変わらないんじゃないかと思うんです。それに上乗せされる消費税が高い。ただ、税込み価格の表示なので、いちいち税金にこれだけ取られてると思わないのがいいところだったり? はたまた旅行者であっても、その税金の恩恵を受けることもあるので一概にマイナスだけかと言われると判断が難しいです。

 

 

日本円換算してしまうと、全部高い気もしてしまうんですが、住んでNZDを稼ぐことを考えれば、NZの最低賃金$16.50、日本は地域で違いはあるけど900円くらい。

ランチの相場は一時間の時給よりちょっと安いか同じくらい。そう思えばNZもあんまり高くないかな?なんて思ったりします。ただ、日本のように激安でハイクオリティのものにはなかなか出会えないかな、って感じです。

 

 

みなさんのNZ滞在の参考になっていれば幸いです。

 

では。Ka Kite!