KIWI LIFE of MOANA

ニュージーランドってどんなところ?ワーホリから移住へ私のKiwi Lifeを切り取ってお届けします。

2019 ラグビーW杯 ニュージーランド代表 ALL BLACKSのユニフォームが発表

f:id:moanakiwilife:20190701073357j:image

 

日本が南アフリカを破る快進撃を見せた2015年ラグビーW杯から早4年。

 

2019年の大会は日本で開催されるということもあり、各地で大きな盛り上がりを見せている。

 

そんな今日、7月1日 前回のW杯覇者であるニュージーランド代表 オールブラックスが今大会に向けた新ユニフォームを発表した。

 

 

 

デザイン

f:id:moanakiwilife:20190701073459j:image

発表されたユニフォームはもちろん黒。

 

センターにスポンサーであるアディダスのマーク、左胸にはオールブラックスのロゴ シルバーファーン、右胸には大会ロゴが施されている。

 

また、右腕部分の、歴代のニュージーランドが優勝した西暦と大会トロフィーがオールブラックスの強さを示している。

 

一見、黒地のシャツにそれら4つのロゴが入ったとてもシンプルなデザインだが、よく見ると葉っぱのデザインが確認できる。

 

これらはニュージーランドでは馴染みのファーンとコルだ。

 

ファーンとコルとは?

f:id:moanakiwilife:20190701073417j:image

ファーンとは一般的にシダ系植物の葉っぱを指し、ニュージーランドのシンボルとしてよく見かける葉っぱのこと。

 

その中でも葉っぱの裏が白銀色の種があり、シルバーファーンと呼ばれる。

 

また、コルはシダの新芽のこと。

 

マオリの伝統的なデザインにもよく用いられている。

 

 

 

デザイナーは日本人?

新ジャージの発表でデザイナーも公になった。

 

日本のファッションデザイナーであり、Y'sなど数々のブランドを手掛ける山本耀司氏だ。

 

彼がAdidasとコラボレーションしているY-3が今回のデザインの大元となっている。

 

Y-3は以前にサッカーチーム レアルマドリードのユニフォームのデザイン歴がある。

 

今回のオールブラックスのジャージデザインには日本とマオリ文化の融合の意が込められている。

 

マオリデザインに関してのアドバイスを行ったマオリアドバイザーによると、ファーンは数々の伝説を作り上げ、かつてオールブラックスのジャージに袖を通した過去のプレーヤーたち、コルはこの先オールブラックスを担うであろう若きラグビープレーヤーを表しているそう。

 

 

世間の評価はどうなるか

個人的にはシンプルだけれども細部にこだわりがあり、かつニュージーランドらしいデザインが施されていてクールな印象を持った。

 

しかし発表の朝からニュース番組で取り上げられた際のスタジオキャスター達の反応は「シンプルすぎる」、とイマイチだった気もする。

 

ニュージーランド国内ではあちこちでオールブラックスのユニフォームレプリカを普段でも着ている人が多いので、デザインの人気度は売れ行きにも左右するのかもしれない。

 

詳細はこちら!https://www.allblacks.com/news/all-blacks-world-cup-jersey-revealed

 

参考:

All Blacks jersey revealed for Rugby World Cup - NZ Herald