KIWI LIFE of MOANA

ニュージーランドってどんなところ?ワーホリから移住へ私のKiwi Lifeを切り取ってお届けします。

ロックダウンでもできる事を楽しもう。ニュージーランドで流行中のベアハントって何?

 久しぶりの更新になってしまいましたが、このブログを書かなかった一か月は世界の流れが尋常じゃないスピードで流れて行きました。

 

コロナウイルス、COVID-19。

 

私がいるニュージーランドでは2/28に初めの感染者が確認されました。

 

徐々に感染者が増え、3/23には国内の警戒システムのレベル3、および48時間後にはレベル4に引き上げる事が発表されました。

 

それに伴いほぼすべての学校が3/23から休校、25からはスーパーなどの重要サービス以外が営業を禁止されています。

 

ロックダウン(都市封鎖)なんて今まで聞いたことも経験したこともなく、言葉からの不安感が強く普段はイージーゴーイングなキウイも買いだめに走ったりパニックが見られました。

 

しかし徐々に落ち着きを取り戻し、いざロックダウンの始まった昨日はどこのスーパーも割と落ち着いているという報告がTwitter上に溢れています。

 

そしてこんな制限の多い生活が始まったばかりですが、ニュージーランドらしく地域で支え合ってなんとか乗り越えようとしているほっこりする取り組みを見つけました。

 

それが今日紹介するベアハントです。

 

 

ベアハントってなに?

今ニュージーランドで流行っている子供向けの遊びです。

 

各家庭の窓際や玄関先、または木の上など通りから見えるところに置かれたテディベアを探す遊びです。

 

こんな感じで外から見えるように置いているお宅が多いです。(人様のおウチなのでちょっと写真撮りづらい)

f:id:moanakiwilife:20200327055102j:image

f:id:moanakiwilife:20200327055142j:imagef:id:moanakiwilife:20200327055159j:image
f:id:moanakiwilife:20200327055633j:image

 

参加条件は1人でやるか、一緒に住んでいる家族とだけ遊べること、かな。

 

どうしてこんなことをするのか

今、最低4週間のロックダウン中のニュージーランド。

 

そして日頃からとっても子どもたちを大切にするニュージーランド。

 

このロックダウン中子どもたちは学校もなく、友達と遊ぶこともできません。

 

私たち国民に認められていることは、

・できる限り自宅にいる事

・スーパーでの買い物や通院(スーパーも場所によっては家族で行っても1人しか入れないなどがある)

・一緒に過ごしていいのは同居している家族のみ

・自宅周辺の散歩(車に乗って近くの公園やビーチもダメ)

・他人との距離は2m以上保つ

なんです。

 

この環境、どう考えても飽きますよね。大人でもしんどい。

 

そしてずっと家に居るのは健康上よくないということもあり、散歩は推奨されています。

 

ただの散歩ではなく’楽しみながら’散歩を楽しめるように地域みんなで支えようよという姿勢なのかな、どんなシビアな環境でも子どもたちに楽しみを与え、辛くならないように自分たちで楽しもうよってことなのかなと思いました。

 

私も早速散歩にでかけてみることに。

 

本当にたくさんのテディベアを見つける事ができて大人の私でも楽しかった!

 

ただ単にエクササイズの為に歩くより断然楽しいです。

 

次に行く時は違うルートでまたクマ探ししたいと思っています。

 

ちなみに、変化球もあり。

f:id:moanakiwilife:20200327055800j:image

子どもたちが楽しかったらなんでもいいんです!

 

うちのお隣さんはぬいぐるみがなかったのでしょう、犬の写真を印刷して切り抜いて貼っています。

 

アイデアは無限大!

 

ユーモア満点の私の同僚は↓

f:id:moanakiwilife:20200327060651j:image

ビール瓶のキャップで作ったクマ!

 

子どもだけじゃなく大人も楽しんでます。

 

 

私は使わなかったのですが、ベアマップもあるんですよ!

NZ Bear Hunt - Google マイマップ

 

見てみたら予想以上の人がアップしていて、ニュージーの地図はもうクマで溢れかえっています。

f:id:moanakiwilife:20200327062100j:image

 

Facebookのページもできていたり、この活動に首相のジャシンダも賛同していたり本当にビッグウェーブです。

 

うちもマップには載せていないけど誰かがハッピーになってくれればいいなと窓際に置いてみました。

f:id:moanakiwilife:20200327055311j:image

 

We're NOT scared!

f:id:moanakiwilife:20200327062118j:image

そもそもなんでテディベアなのか。

 

子供向けの絵本「We're Going on a Bear Hunt」とかけているようです。

 

子どもたちがクマ狩りに行くお話。

 

草地をかき分け、川や沼を渡り、森を抜けて吹雪に遭いながらクマを探しにいく冒険物語。

 

たくさんのオノマトペが出てくる子どもたちに大人気の絵本です。

 

イギリス発祥の絵本ですがニュージーランドでも超有名。

 

多くの子どもたちが知っている物語を現実の世界でやってみるってやっぱり遊び心があるなぁとキウイに感心してしまいました。

 

その絵本で何度も繰り返し出てくるフレーズがコレ。

We're going on a bear hunt. (クマ狩りにいこう)
We're going to catch a big one. (大きいのを捕まえるぞ)
What a beautiful day! (なんていい日だ!)
We're not scared. (こわくなんかないぞ)

 

このフレーズ、覚えていて言える子も多いです。

最後のWe're not scaredが今回のコロナのこととかけてるのかな?なんて勘ぐっている私です。

 

日本ではきっと有名ではないと思うけど、日本語訳されてました!

f:id:moanakiwilife:20200327055532p:image

日本でもロックダウンがいつ起こるかわからなくなってきています。

 

世界的に厳しいこの状況、すべきことはきちんとしつつも楽しみながら心沈まず乗り越えたいところですね。

 

世界中でベアハントのブームが起こるかもしれません!

 

STAY SAFE!

We're not scared‼