KIWI LIFE of MOANA

オーストラリアのギリホリからぎっりぎりのニュージーワーホリを経て今もニュージーにいる私のKIWI LIFEをお届けするLIFE Blog☆

私とニュージーランドVISAのお話

Kia Ora!

人生すべて縁とタイミング!KIWI LIFE of MOANA の MAYUMIです。

 

2019年、まだ10日ですがとってもいい波が来ている感じがします。みなさんはそんな風に感じる時はありませんか?そうそう、それそれ!そんな感じです。

 

f:id:moanakiwilife:20190110044147j:plain

 

前回の自己紹介記事でも少し書いたのですが、私は去年の7月からVISAの関係で働けない生活をしています。

 

 自己紹介はこちら↓↓

moananokiwilife.hatenablog.com

 

もちろん滞在するためのVISAは持っているので、滞在自体は問題ありません。でも私はさらに長く滞在したいと考えていたので去年の12月に次のVISAを申請していて、結果待ちだったんですが、その結果が昨日届きました。

 

'We have approved your Work Visa application.'

(あなたのビザ申請を承認しました)

 

やったぁ~(´;ω;`)ウゥゥ

 

今年 初泣き。←結構ガチでエーンって泣いたアラサー(笑)

 

 

 

どうしてそんなに泣くほどだったのか、私の経験を少しばかり。(と言いながらかなり長くなりそう)

 

 

まず初めに。

※ニュージーランド(以下NZ)ではVISAに関するアドバイスは政府公認のイミグレーションアドバイザーもしくは弁護士等でないと行うことができないと移民法に定められています。なので私にご相談いただいてもお答えできません✖

ここではあくまでも私の体験談をお話しします。

 

 

では改めまして。 ゴホンっ

 

私がワーホリから今までどんな生活をしていたかはまた書くとして、VISAの経歴だけ追うと、 

ワーホリVISAできっちり1年間→Interim VISAで2か月→→→→長期観光VISAで6カ月→パートナーシップのワークVISA(今ここ始まった♡)

という4つの異なるVISAを取得し滞在してきました。

 

 

初めてNZに来た時はワーキンングホリデー制度を利用したので、ワーキングホリデービザを所有。ご存知の方も多いと思いますが要点だけ。

 

ワーホリVISAとは、18歳から30歳(国によって若干異なる)の若者」だけが使える最強VISA!なんで最強かって?なーんでも自由だから。仕事をしてもいいし、勉強をしてもいいし、人によってはずっと国内を移動しながら旅を続ける人もいます。

 

 そんなワーホリVISAを使って滞在している時にに私は今のパートナー エデン(仮名)と出会いました。お付き合いを始めた時にはワーホリ期間はすでに半分を過ぎようという頃。ワーホリ後も一緒に居るためにはやっぱり何かしらのVISAが必要でした。

 

 

私が選んだのは(というか他に選択肢がなくて一択の)「Partner of a New Zealander Work Visa」 というVISA。NZ人のパートナーのワークビザです。

パートナーとして滞在できて、仕事もできるよっていうVISA

ワーホリVISAが切れる約1カ月前に書類をそろえて申請。

その時移民局のサイトを見るとVISA決定までの待ち時間なんと

 

 

 

約90日!!!Σ(゚д゚lll)ガーン

 

 

 

やらかしました。

間に合いません。

ワーホリVISA切れちゃう。。。

不法滞在者になって、見つかったら強制退去になるんじゃ。。。。。

 

 

 

でも 大丈夫♪

救済処置がありました。

その名も「Interim VISA」!(インタリム ビザ)

❛あなた次のVISA申請してるのよね、じゃあ今持ってるVISAが切れてから今申請してるVISAの結果が出るまで居てもいいわよ❜ っていうVISAです。完全なる救世主VISAです!

このVISAのおかげで出国する必要なくパートナーVISAの結果を待てました。

 

申請から本当に約90日。結果がでました♪

忘れもしない、朝起きてウトウトのまま受信ボックスを開いたら移民局からのメール

 

 

 

 

 落ちた。。。(´・ω・`;)エッ?

 

 

 

でも救済処置が。。。

 

 

 

 

 

なかったんです。

もうその時持っていたVISAが救世主で。救世主の救世主はなかった。もしかしたら手立てはあったのかもしれませんが、公認アドバイザーや弁護士を使わず、自力でやっていた私たちにはどうしたらいいのかわかりませんでした。

 

彼と離れて日本に帰らなくちゃいけないんだと思うと悲しくて悲しくて、2人で泣きました。

 

でも冷静になった私。

「ちょっと待って!いつまでに出国しないとアカンの??!」

 

メールをよく読むと、

『結果が出たので、救世主VISAもこのメールの送信と同時に失効したよ~。でも出国に準備が必要だろうから数日いてもいいよ。翌月の1日までに出てね~』って書いてました。

 

受け取った日が27日で。1週間弱あるなって思ってたんです。

そして気づいたんです。今、2月だって。

 

 

えーーーーーーーーー!!!2月!明日で2月終わりやん!!!

つまり出国まで

メール受信日を含めて3日でした。 

 

そんな殺生な。。。

涙もピタっと止まり怒涛のように航空券の手配やら、関係機関へのあいさつ回りから、家族に連絡したり、片づけタイム、最後の観光をして。本当に怒涛でした。今後どうしようかなんて話をする余裕もほぼなく日本に帰国~

なんだかそのまま日本に帰るのはどうしても腑に落ちなくて、私は友達の居るシドニーでストップオーバーして遊んでから帰りました。1人NZに残されたエデンは本当に可哀想だったな、、、

 

こうして私のワーホリは幕を下ろしたのでした。

 

 

 

 

そこから5か月間の遠距離を経て、NZに戻ってきました!

取ったVISAは長期の観光VISA。名前の通り観光のためのVISAです。家族や友達に会うために滞在することも許されているので、旅行をしなければならない訳ではないんです。それでエデンとエデンのお母さんとの家に戻ってきたぁ~!でもこのVISAは働くことが一切認められていなかったので、この半年、引きこもり生活をしましたw職業は家事手伝い。結婚していないのに専業主婦。いや、専業彼女です(現在継続中。)

 

 

9か月間のVISAだったので、前回の失敗(救世主の救世主はいないこと)を踏まえて、早めに次のVISA(前回落ちたのと同じ Partner of a New Zealander Work Visa) の準備をして申請!その時のVISAの結果待ち時間は 59日以内。(前より1か月も短くなってる♪結構変動するらしいです。)観光VISAの間に結果は出るな~って思ってて

 

そして 昨日 その結果が出たんです。

 

 

長かった。。。1回目の申請から1年と1か月かかりました。。。

 

 

いや、えっ、待って、申請受理からたった19日やん、今回。

 

 

 

メールを見たとき1人だったんですが、完全に拍子抜け (笑) と同時に思ったよりも連絡が早すぎて結果じゃなくて他の内容のメールかと思って何度も何度も読み返しました。内容は大体わかるけど、信じられずに不確かな単語全部調べました (笑)

 

そして確信。

エデンに電話する(すでに半泣き)→出ない。(仕事中だもの)→一人でオイオイ泣く。嬉しいー( ノД`)…

 

落ち着いた頃にエデンから電話かかってくる。→報告(また泣く。電話越しでエデンはAWESOME!!!を連呼。イェッピー!って言ってましたw)

 

 

 

 

そして仕事から帰って来たエデンの手には花束が~♡(写真参照)

思い出すだけでまだ泣けるぅ~(´;ω;`)ウッ…

 

 

 

 

そんなこんなで私のNZ VISA振り返りはここまでです。

まだ永住できる訳ではないので、すぐにまた申請時期がやってきますが一段落しました。応援してくれた方々本当にありがとうございました。

 

 

 

 

海外に住もうとすると絶対に起こるVISAの問題。様々な国で要件が厳しくなっていると耳にします。外国人同士でオーストラリアに住もうとチャレンジしている友達、アメリカ人と婚約してアメリカのビザの結果待ちで遠距離している友達など、私の周りにもVISA問題と戦っている人たちが多くいます。時間もお金もかかるけど、その分2人で乗り越えた強さが手に入ります! 同じように悩んでいる人や、これからそういうことが起こりそうで不安な人にこの記事が届くといいな。

 

全力で共感します!共感してくれる人がいるだけで心強かったから。全力で応援します!自分が色んな人に応援してもらったから。そしてすべての人がVISAのせいで悲しい涙を流さなくて済むことを心から祈ります!

 

 

やっぱり長くなってしまった。最後まで読んでくれた方、優しいです、ありがとう。

ではまた。 Ka Kite!